作業者

水害が起ることを想定して土のう袋を備えておこう

高所作業のために

工事現場

保管できない業者でも

外壁塗装や屋根修理といった、建物の高所での作業には、足場が必要となります。まずは建物周辺に足場を建て、そこを登りながら必要な道具を高所へと運び、作業をするのです。建物を囲むほど大きいわけですから、足場は使用しない時には、広い倉庫で保管することになります。そして塗装などをおこなっている業者の中には、広い倉庫を持っていないというところもあります。そういった業者の多くが、足場のレンタルサービスを利用しています。高所での作業をすることになった時にのみ、レンタルするわけです。レンタル料金はかかりますが、保管のための広い倉庫を購入する場合と比較すると安上がりです。また、日頃の管理の手間を省くことができるので、その点からもレンタルサービスは注目されています。

必要に応じて他のものも

足場は、高所作業をするためだけでなく、作業中の建物を守るためにも利用されています。たとえば外壁塗装の場合は、塗っている最中に風で飛んできたゴミが付着することがあります。しかし建物の周辺に足場を建て、それを養生シートで覆っておけば、ゴミの付着を防ぎやすくなるのです。高所作業は、はしごを使うことでも実行可能ですが、養生シートの設置は、足場を建てなければ不可能です。そのため、より良い仕上がりにするためにも、多くの業者が足場を使用しているわけです。そしてレンタルサービスでは多くの場合、足場と一緒にこの養生シートも借りることが可能となっています。また必要に応じて、落下事故を防ぐガードフェンスや、騒音被害を防ぐ防音パネルなどもレンタルすることができます。これらにより、一層高所作業をおこないやすくなることから、レンタルサービスを利用する業者は増えています。